あみぐるみ つくってます。

   maamの森
   CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
   ARCHIVES
   ENTRIES
   CATEGORIES
   COMMENTS
   PROFILE
   MAIL
   OTHERS
qrcode
<< 遠い北の国の大工さん | main | あみぐるみコレクション2015 >>
すねてるの?
ふくろうのふーちゃ。




ふくろうは夜行性。
みんなが起きてる昼間は寝てる。
みんなが寝てる夜に起きてる。

だから、ひとりぼっち。

maam:「ふーちゃ、不機嫌そうね。すねてるの?」

ふーちゃ:「ぼくは、誰とも話したことはないし、
      誰とも遊んだことがない。
      だから、一人で生きてるんだ…。」

maam:「淋しくないの?」

ふーちゃ:「淋しくなんかないよ。
      誰かとけんかして、いやな思いをしなくていいし、
      何より自由でいられる。」

maam:「ふぅーん、そうなの…。」




ある日の夜のことでした。
ふーちゃは草むらの物音に気づきます。

ふーちゃ:「誰だい?」




マウロ:「うわー! びっくりした。
     君こそ誰だい?」

ふーちゃ:(なんだ、ねずみか…。)
     「僕はふーちゃ。ふくろうのふーちゃ。」

マウロ:(うわぁー、ふーちゃだ。
     やっぱり、みんなが言ってたとおり。
     不機嫌そうで、気難しそう。
     どうしよう。)
    「あー、君がふくろうのふーちゃ。
     僕はマウロ。はじめまして。」

物音の正体がわかって安心したふーちゃは、
その丸い体をひるがえし、その場を立ち去りかけました。

でも、なぜかその動きがピタッと止まったかと思うと、
マウロの方に向き直って、言いました。

ふーちゃ:「こんな夜中に何をしているんだい?」

マウロ:「明日、ぶぅとんとんの家でチーズパーティーなんだ。
     だから、ぶぅとんとんの家は、今夜、チーズでいっぱい!なんだよ。」

こんな夜中にマウロがここにいる理由がわかって安心したふーちゃは、
その丸い体をひるがえし、その場を立ち去りかけました。

マウロ:「そうだ! あのー、お願いがあるんだけどさ。」

ふーちゃは、驚いて目がきょろきょろしています。
生まれて以来、誰かにお願いごとをされたことなんて…。

マウロ:「ぶぅとんとんの家は、
     チーズパーティーの時は、なぜか、警戒が厳重なんだよ。
     だから、家の中になかなか入れないんだ。
     あのね、あのね。
     君なら煙突から中に入って、玄関の鍵を開けられるよね。」

ふーちゃ:(そんなことなら、たやすい話だけど、
      それは、僕に、チーズ泥棒の一味になれってことかい?)

頭の中では、こんなことを考えていたふーちゃでしたが、
思わず出た言葉は…。

ふーちゃ:「で、ぶぅとんとんの家はどこだい?」


二人は歩き出しました。
いえ、ひとりは飛んでいましたが…。

そして、最初はよそよそしかった二人だけれど、
いつの間にか、お話をいっぱい、いっぱい、していました。

マウロにチーズをとられて空になった皿をかかえて立っているぶぅとんとん
の話を聞いた時は、
ふーちゃは、おかしくて、おかしくて、飛べなくなるほどでした。



ふーちゃが笑ったのは、これがはじめてだったかも…。


そして、ぶぅとんとんの家の前に来ました。
でも、ちょっと様子が変なんです。
明かりがついています。

ふーちゃ:「マウロ、残念だね。
      ぶぅとんとんが起きてるようだね。
      忍び込むのは無理だね。」

マウロ:「そんなことないよ。大丈夫だよ!」

ふーちゃ:「え、どうして?」

ふーちゃは、わけが分からなくて、
また、目をきょろきょろして、マウロのほうを見ています。

その時です。家の扉が開きました。




みんな:「チーズパーティーにようこそ、ふーちゃ!!」










*******

お仕事でデザインしたふくろうを、糸をかえて編んでみました。

もともとは、ハマナカさんのラブボニー、ピッコロとティノを使用したデザイン。
少し前のことになります。
あの時は、なかなか「これだ!」という、ふくろうのイメージが浮かばずに、
生みの苦しみを味わっていたんですが…。
ある日、とある方からのお電話を切った後、
何気なく、手元にあった紙に落書きしていると、
そこに、「ふーちゃ」がいました。

電話の主の優しい声に乗って、「ふーちゃ」は現れました。
でも、その落書きの「ふーちゃ」は、なぜか、不機嫌そうな顔をしていて、
その時に、この「ふーちゃ」の物語も一緒に生まれました。
「優しさ」と「不機嫌」が結びついた想像の世界というか…。

「ふーちゃ」は、すねてるわけではなく、
ただ、夜行性なので、みんなとすれ違ってただけ、なんですけど、ね。
夜更かししてパーティを開いてくれた森のみんなの優しさにふれて、
ふーちゃの機嫌も少しはよくなるかしら…?


*******

ちなみに、「ラブボニー×ティノ」「ピッコロ×ティノ」の親子バージョンは、
手芸パックにしていただけました。こちらです。
『招福ふくろうの親子』という、めでたいタイトルがついています(笑)
不機嫌そうなふーちゃにも素敵な時間が訪れたようですし、福を招く効果アリかも?!

今回も、糸の雰囲気の変化が楽しい、2本取りです。
制作の段階では、ほかにも、違う色合わせを楽しませていただきました。
↓こんな感じ(笑)



こちらでもご紹介いただいていますが、
ブティック社さん発行の『ほっこり可愛いあみぐるみ』という本にも載せてもらっています。



ラブボニー×ティノ、ピッコロ×ティノ、いろんな組み合わせができると思いますので、
ぜひ、自由に楽しんで編んでみてくださいね。









| maam | あみぐるみお仕事 | 22:53 | comments(0) |
コメント
コメントする?








このページの先頭へ