あみぐるみ つくってます。

   maamの森
   CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
   ARCHIVES
   ENTRIES
   CATEGORIES
   COMMENTS
   PROFILE
   MAIL
   OTHERS
qrcode
<< お待ちしています。 | main | どんぐりとくま吉展 >>
森の中で見つけた不思議なもの
森の中で、ハリぼーが見つけた不思議なもの。

レンガのような赤茶色。
見たことのないような形。
でも、丸みを帯びていて、どこかかわいらしく、やさしい感じ。
穴がたくさんあって、中は空っぽなの。

ハリぼー:「何だろう、これ?」

ふってみたり、
穴をふさいでみたり、
こすってみたり(魔法のランプ?)。

でも、何も起こりません。

ハリぼー:「何か入っているのかな?」

穴から中をのぞいてみました。
でも、見えるのはただの空洞です。

ハリぼーは、ちょっと、つまんなくなりました。

ハリぼーは、いつも好奇心いっぱい。
その不思議なものは、これまでに見たことがなくて、
何だか、すごく魅力的なもののような気がするんだけど、
ただ、それだけのものだったのでしょうか?

「はぁーぁっ。」
ハリぼーが、残念そうなため息をついたその時、

“ぽーー♪”って、

ほんわかして、ほっとできるような、
どこか、なつかしいような音が。

ハリぼー:「?????」



そう、ハリぼーが見つけたものは、“オカリナ”だったのです。

もしかしたら、
本当は来れるはずのない人間が、
maamの森に迷い込んだときに、
置き忘れていったものかもしれません。

ハリぼーがオカリナの吹き方に気づくのに、
多くの時間はかかりませんでした。

そして、どの穴を押さえればどの音がするのかも。

さあ、もう、ハリぼーは夢中です!
森の中に染み渡るようなオカリナの響きも、
ハリぼーを夢中にさせる理由だったのでしょう。

次の日も、その次の日も、そのまた次の日も…、
ハリぼーは、好きな曲を何度も何度も練習しました。

そして、ある日のこと。

日が暮れて、おうちに帰る頃になって、
「今日は、もうおしまいかぁ。」
と、ハリぼーがつぶやいた時、
後ろから、小さな声が聞こえました。

「もう、おしまいなの?」





びっくりして、ハリぼーがふりかえると、
そこには、森のみんなが…。

森の小さな音楽家さんが奏でる、
素敵な調べに誘われて、
maamの森は、毎日が音楽会だったんですね。






*******

みんなのアップ♪


  らっかたんたち


ぴよこたち


   もこひぃ&みにもこひぃ


        アラウーノ&マウロ


   カエロン


       どんぐぅたち


   ろーりー


          りんたん&もりーん








maamの展示の全体はこんな感じに。



*******

ご報告が遅くなりましたが、カーデンさんでの展示の様子です。
ご覧いただいたみなさま、ありがとうございました。
そして、たくさんの方にお世話になり、本当に感謝しています。

カーデンさんの素敵なギャラリーから、maamの森のイメージをふくらませてみました。
あたたかく、やわらかい、光と響き。
そんなイメージ。

そして、念願だった、大きなハリぼーも制作してみました。
ちょうど、抱きかかえられる大きさ。
背の部分には、手紡ぎ糸を使用しました。
普通サイズのハリぼーと同じような感じにするため、羊毛の選択には悩みました。
が、「必要なものは必要な時におとずれる」ということで、
あの時、いくつかの素材が私の目の前に…。
本当に、ミラクル!です。すばらしい。

久しぶりの展示で、いろいろと生みの苦しみ(笑)もありましたが、
森のみんなは、やっぱりいつも通り、楽しそうな笑顔を私に向けてくれました。
ありがとう♪
そして、この展示を通じて、
改めて、自分の「ものづくり」「活動」への姿勢を問われたような、
そんな気もしています。
いろんなところで、それぞれ私に関わってくださっている方々に感謝。

また、気持ちを新たに、次へ向かおうと思います。




| maam | Car-Den展示 | 16:45 | comments(0) |
コメント
コメントする?








このページの先頭へ