あみぐるみ つくってます。

   maamの森
   CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
   ARCHIVES
   ENTRIES
   CATEGORIES
   COMMENTS
   PROFILE
   MAIL
   OTHERS
qrcode
<< あけましておめでとうございます♪ | main | 遅ればせながら…。(その2) >>
遅ればせながら…。(その1)
それは、12月のおしまい頃のことでした…。



うさぴょん:「おとうさん、おとうさん、もうすぐお正月だね。
       今年はどこへつれてってくれるの?」

うさとうさん:「ごめんよ、うさぴょん。
        おとうさん、忙しくて、お正月も仕事なんだ。
        お仕事が終わったら、どこか行こうな。」

うさぴょん:「そうなんだ…。
       おとうさん、無理しないでね。」

うさぴょん:「おかあさん、おかあさん、
       お正月はどうするの?」

うさかあさん:「おかあさんね、
        おばあちゃんのところへ行かなきゃいけないの。
        ほら、おばあちゃん、この間、足を怪我しちゃったでしょ。
        身のまわりのこと見てあげなきゃいけないでしょ。」

うさぴょん:「そうなんだ…。
       おばあちゃん、早くよくなるといいね。」

うさぴょんは、両親に聞き分けのいいことを言ったものの、
自分の部屋で、一人になって、ため息をつきました。

「お正月なのに…。」

 
その時でした。

“コトッ”

と音がしました。

うさぴょん、音のしたほうを見ました。
部屋の隅のカゴに入っていた、おやつのニンジンが1個、
カゴから転がり出ていました。

うさぴょんは、首をかしげながら、
頭の上に“?”マークをいっぱい出しながら、
カゴのほうに近づいていきました。

転がり出たニンジンをじーっと見ていたうさぴょんは、
あることを思いつきました。

「そうだ!」

うさぴょんは、机のところへ行くと、
引き出しを開けて、ボタンを二つ取り出し、
また、ニンジンのところへ戻りました。

そして、ニンジンに二つのボタンをのせました。
まるで、ニンジンに顔があるかのように…。

その時、再び不思議なことが起きました。

ボタンをのせた瞬間、声が聞こえたのです。

いえ、声がしたような気がしただけかもしれません。

でも、うさぴょんには確かに聞こえたのです。

「にん!」って。

うさぴょんは、そのニンジンを手に持つと、
さらに、カゴの中から、胴体と、手と足になりそうなニンジンを抱え、
机のところに持って行きました。

引き出しの中から、糸と針と、ハサミとボンドとドライバーを出して、
手にしたニンジンを、
“こうかな、いや、こうかな”って呟きながら、
くっつけていきました。

ときどき、「キュー!」とか、聞こえたような気がしました。
うさぴょんは、「もうちょっと、もうちょっとだからね。」
と言いながら、夢中です。

すべてのニンジンがつながりました。
完成です。
机の上に横たわったニンジンのウサギさん。



でも、でも、
動く気配はありません…。



うさぴょん:「やっぱり、ニンジンかぁー。」

完成した喜びもつかの間、
うさぴょんは、またため息をつきました。

そしたら、そしたらです。
聞こえたんです。

「名前を呼んで♪」って。


うさぴょんは、ゆっくり、二、三回首をかしげたあと、
これだ!って顔をして、ニンジンのウサギさんに呼びかけました。

「にんぴょん!」


にんぴょん:「にん!」

うさぴょん:「わー!」

にんぴょん:「にん!」

うさぴょん:「わー!」

にんぴょん:「にん!」

うさぴょん:「わー!」

ほんとは、あと3回くらいこのやりとりがあった後、

うさぴょん:「はじめまして、ぼく、うさぴょん。」

にんぴょん:「にん!」



うさぴょんは、もうさみしくありません。
こんなすてきなお友だちに会えたんです。

二人は、外のお花畑で、時のたつのを忘れて、
ウサギのダンスを踊っていました。





お・し・ま・い


***********************************


今年の年賀状の物語でした〜。
ニンジンでできたうさぎさん。「にんぴょん」です。
うさぎは、もちろん、リベンジ!手紡ぎうさぎ…。

手紡ぎうさぎとの闘いが始まったのは、いつのことだったでしょうか。
ちょっとブログをさかのぼってみました。
2009年の4月だったみたいですね。

ニードルフェルトでつくったうさぎさんの話 こちら
らうらの話 こちら

ちょっとは、いろいろと腕が上がったはず!、と思うものの、
やっぱり、なんだか、うさぎって、難しい…。

かわいすぎるから?
普通すぎるから?

永遠のテーマになりそうです…。


そして、今回は、めずらしくカラフル〜!に、挑戦してみました。
(カラフルって、花が!じゃん…。)
めざせ!カラフル♪

そそらそらそら うっさぎのだんす〜♪♪♪



あ。
「遅ればせながら…。」記事、まだいくつか続きます…。
また、のぞいてみてくださいね。










| maam | うさぎ | 22:14 | comments(2) |
コメント
そうか、にんぴょんはうさぴょんが作ったのですね!
続きが楽しみです。

ウサギ、ほんとに難しいですね。題材としてポピュラーすぎるし、個性が出しにくいというか、いままでにいくらでも他の人たちが作られているし。
あと面倒な題材はパンダです。あまりにも個性的な題材なので、自分の個性がまず出せません。

私もカラフルは苦手です(^^;特にほ乳類は。 は虫類とか両生類では結構派手なのができるので、そっちで楽しんでいます。
| 包子 | 2011/01/06 8:11 AM |
包子さま:

えっ!
つ、つ、つ、続きですかっ?!
(深く、ふれないでおこう…。)

個性…。
出そうと思って出せるわけでもないですよね。
つくりたいものをつくって、それが自分のカラーになっていたら、
願ったり♪ですね。

リアル追求タイプにとって、カラフルも永遠のテーマですね〜。
自然界に存在しないものは、やっぱり不自然ですし。
は虫類くんたちは、確かに、リアルにカラフル。
包子さんの作品、色も楽しげで、目を引きましたね。

いろいろと、精進あるのみ…、ということで。
| maam | 2011/01/06 9:39 AM |
コメントする?








このページの先頭へ