あみぐるみ つくってます。

   maamの森
   CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
   ARCHIVES
   ENTRIES
   CATEGORIES
   COMMENTS
   PROFILE
   MAIL
   OTHERS
qrcode
<< 思い思いのひととき 〜ひとまず、閉店〜 | main | もこひぃのナイショ。〜その1〜 >>
窓辺に、妖精が…。

“てぃあらん” は妖精です。
涙を食べて生きています。

泣いている人がいると、窓辺に来て、
涙を食べちゃいます。

悲しくてでる涙を食べるなんて、
たちの悪い妖精じゃないか、なんて、
言わないでください。

てぃあらん は、涙を食べるとき、
一緒にその人の悲しみも食べてくれるんです。
ひとしきり泣いた後、すっとしたことありませんか?
そんな時は、きっと、てぃあらん が涙を食べてくれたんです。

てぃあらん は、雲の中で生まれます。
そして、雨が降るとき、一緒に地上に降りてきます。
みんなの涙を食べた後、また、再び雲に戻ります。
空を旅する雲に連れられて、世界中をめぐります。


ある日のことでした。
maamの森に雨が降りました。
てぃあらん も一緒に…。

地上に降りた てぃあらん は、おなかをすかして、涙を探しました。
でも、どこにも涙を流してる人はいませんでした。
そうです。maamの森には、悲しいことがなかったのです。


何日も森中を歩いて、涙を探して、
てぃあらん は、だんだんちっちゃくなってきました。
てぃあらん は、涙が食べられないと、しぼんでしまうのです。
ついに、てぃあらん は、力つきて、
森の木の根元にすわりこんでしまいました。


そこへ、森の住人たちがやってきました。
もちろん、てぃあらん は妖精ですから、
みんなからは見えません。

いまにも、消えてなくなりそうなくらい、
ちっちゃくなってしまった てぃあらん の前で、
みんなは遊び始めました。
悲しいどころか、みんなは楽しさでいっぱいです。


でも、その時、誰かが言いました。
「ゆぶっと*ゆりっと!コントしてよ。」

ゆぶっと*ゆりっと 「コントね!」

みんなは、大爆笑です。


あまりのおもしろさに、
ぶぅとんとんはおなかをかかえて笑っています。

ぶぅとんとん 「おなかがくるしいよぉー。
       涙が出そう…。」

ほんとに目に涙を浮かべています。

あ。涙!


確かに、maamの森には悲しいことなんてありません。
でも、森の奇跡(単なる偶然?)が てぃあらん を救いました。



みんなのかたわらで、てぃあらん が踊ってます。
てぃあらん は、楽しいときに出る涙を食べると、
踊りだしちゃうんです。

                おしまい


お・ま・け

てぃあらん 記念撮影。
ペット(?)の てぃっぽ とともに。


なんとなく、動物じゃないもの(?)がつくってみたくて、
つくってみました。
悲しみを食べてくれる妖精。
本当に、いるんじゃないかなぁ、なんて思います。
そんなことない方がいいのですが、
もしも、みなさんに、悲しいことがおこったとしたら、
その時は、窓の外に目をやってみてください。
きっと、そこには てぃあらん が…。



| maam | あみぐるみ | 22:58 | comments(12) |
コメント
心が温まるお話ですね。 これはそのまま絵本になりますよ(^^) 私も森に行ってみたくなりました♪
| ゆな | 2007/02/11 11:51 PM |
てぃあらん、ほんとうにいるような気がしてきました。
| plot | 2007/02/12 7:15 AM |
てぃあらんが、楽しい涙をずーと食べつづけられると いいですね。 ペットのてぃっぽは、何を食べるの?
| トラ子 | 2007/02/12 7:58 AM |
てぃあらん、ホントに生きてたらいいのにな〜。
| Nicoli♪ | 2007/02/12 12:48 PM |
ゆなさま: ほわっと、してもらえたら、うれしいです。 ゆなさん、森に行って、 ゆぶっと*ゆりっとのベタギャグに、 大笑い?
| maam | 2007/02/12 1:46 PM |
plotさま: いますよ〜! 世界中を旅しているので、きっと、そちらにも…!
| maam | 2007/02/12 1:47 PM |
トラ子さま: こんにちは〜。 ご無沙汰してます。 読んでいただいて、ありがとうございます。 楽しい涙を食べ続けられたら。 その発想、とてもいいですね。 てぃあらんは、踊りくるっちゃいます〜。 てぃっぽは、おこちゃまなので。 赤ちゃんや、ちっちゃい子の涙を食べます。 大泣きしてたのに、急に、赤ちゃんがニコっと笑ったら、 それは、きっと、てぃっぽがそこにいたんですね〜。
| maam | 2007/02/12 1:51 PM |
Nicoli♪さま: 妖精ですからね。 見えないだけですよ。 Nicoli♪さんのところにも、きっと、寄ってます。 楽しい涙、うれし涙、いっぱい食べさせてあげて下さいね〜。
| maam | 2007/02/12 1:54 PM |
いいお話ですねぇ☆☆☆ 自分なんかだと意地悪なんで「ゆぶっと*ゆりっと」の コントがつまらなくてあくびで出た涙にしちゃいそう(笑) でも、maamの森に悲しみの涙がないって所だけは 絶対変えたくないですね♪
| あーろん | 2007/02/12 9:56 PM |
あーろんさま: さすが…。 あくびの涙、か…。 考えもしなかった…。 maamの森には、悲しむコがいないんですよねぇ。 でも、意外なことが悲しかったりするのかも…。 でも、それって、なんだろう? やっぱり、思いつかない…。
| maam | 2007/02/13 12:04 PM |
妖精を時々増やしていったら、話もどんどん発展して 大きな物語になりそうです。 maamの森というどんどん世界がひろがりますね。
| いっぷく | 2007/03/08 8:41 PM |
いっぷくさま: どんな妖精がいいでしょうかね〜? また、思いついたら、編んでみます。 -----
| maam | 2007/03/10 6:10 PM |
コメントする?








このページの先頭へ