あみぐるみ つくってます。

   maamの森
   CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
   ARCHIVES
   ENTRIES
   CATEGORIES
   COMMENTS
   PROFILE
   MAIL
   OTHERS
qrcode
<< 「まねきねこのあみぐるみ」の訂正について | main | 夢の中でも一緒。 >>
大切にしたい、ふたつのこと。

先日、maamのあみぐるみについて、編図を公開していないのか、
というお問い合わせをいただきました。

そのお問い合わせに関連して、いろいろと考えることがありました。
その方への再、再度!のお返事もかねて、こちらに、少し思うところを書いておきます。

私は、自分が発表している作品について、こんな風に考えています。

それは、maamの森の住人は、私自身の手でつくりだして、この世に送り出してあげたい、
ということです。
オリジナル制作を始めてから、もう何年もたちますが、
気づけば、ずいぶんたくさんのあみぐるみが生まれました。
その作品を気に入ってくださって、手元におきたいと思ってくださる方もいらして、
たくさん、たくさん、イベントや、えいこーんずさんから連れ帰っていただきました。
ご依頼があれば、その方のことを思いながら、その方のための、
本当のオンリーワンも制作してきました。

私がつくり出したmaamの森のあみぐるみは、私自身の手でつくり、私の思いを込めたい、
そう思っているのです。
maamという名前、いろんな説?がありますが。
そこには、もちろん、お母さんという意味もこめられています。
maamは、あみぐるみたちのお母さん、なんです。

今思えば、あみぐるみと私との出会いは、「ふぅ〜ん、いいよ〜」って、いうような
適当な始まりでしたが、気づけば、ライフワークになってしまいました。
うまく言えないのですが、
あみぐるみ、という手段を与えられたおかげで、私は自分を表現する方法を得たのだ、
と、思っています。
いろんな価値観で、いろんな方がものづくりをされていますが、
私は、そんな風に思って、編んでいるのです。


一方で。
あみぐるみや編み物、てづくり、ということについて、
伝えたり、広めたり、そんなお手伝いができればいいな、という希望も持っています。
あみぐるみを編むこと、ものをつくりだすことの楽しみ、手を動かすことの大切さ、
などなどを伝えていきたいと、強く、強く、思っているのです。

そういう思いの中で、幸運なことに、『まねきねこのあみぐるみ』という本に、
制作の参加をさせていただく機会を得ました。
そこで、そんな思いを届けるため、
「みんなにmaamのあみぐるみを編んでもらおう」という重要な使命を帯びた
maamの森の住人を送り出すことにしました。
だから、編図つきで、公開することにしたのです。

これからも、お声がかかるようなことがあったら(もう、ないかも…?!)、
また、そんな制作をし、編図も公開することがあるかもしれません。
そんな風に、生まれた住人たちのことを気に入ってくださったら、
ぜひ、編んでみてください。
あみぐるみをつくること、ものをつくることの楽しみを味わっていただけたら、
私も、とてもうれしいです。


とりあえず、「こにゃあ」は、すでに、
みなさんの挑戦を待っているはずです。

だって、
「みんなに、編んでもらうために
生まれたんだもん!」

って、言ってます…。
ちょっと、緊張した表情をしていますが…。





本当に、このタイミングで、このお問い合わせのメールをいただいたことに感謝しています。
私のあみぐるみを、自分でも編みたい、と思うほど気に入ってくださったことが、
とてもうれしいです。
そして、私自身が、自分の姿勢を見つめなおす、よい機会になりました。
最初は、うれしいというより、えっ?!って、驚きだったのですけど。
何より、あのタイミングで、そのメールが届いたことにびっくりでしたね。
(その意味がわかる方は、おひとりしかいませんが…。)

今回のお問い合わせには、残念なお返事しか返すことができませんでしたが、
本当に温かいお言葉、ありがとうございました。
とても、とても、励まされました。
ありがとうございます。

必要なことは、必要な時に、ちゃんと与えられるんだ、
と、あらためて気づく思いです。
迷える子羊も、顔をあげ、前を向いてみれば、
光が、ぼんやりとでも道を照らしているものなのかもしれません。


みなさまに感謝♪



| maam | あみぐるみお仕事 | 23:30 | comments(0) |
コメント
コメントする?








このページの先頭へ