あみぐるみ つくってます。

   maamの森
   CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
   ARCHIVES
   ENTRIES
   CATEGORIES
   COMMENTS
   PROFILE
   MAIL
   OTHERS
qrcode
夢の中でも一緒。

森ではすっかりおなじみになった
招き猫ちゃん。
今日は、お昼寝のようです。

あれ、寝ながら招いてる。

家族のように大切にしてくれるご主人に、
恩返ししようと思うほど、
やさしい気持ちを持っているねこちゃんだけど、
眠りについているときまで招いてるなんて…。

きっと、ご主人のことを夢に見ているんだね。
好きなだけ寝てていいよ。まねきねむにゃあ。






あいかわらず、猫に追われています…。
『幸せを呼ぶ10人10色の まねきねこのあみぐるみ』の発刊記念の
展示会のお知らせです。
この本に掲載された作品が展示されます。
それ以外にも、各作家オリジナル招き猫のあみぐるみが並ぶようですよ。
私も、少しですが、新たに、招き猫を制作しました。
そんなわけで、ねむにゃあにも、招き猫になってもらいました♪

ギャラリー猫町は、猫をモチーフにした作家さんの作品を扱っているので、
猫好きさんにはたまらないところ!だと思われます。
関東方面のみなさま、よろしければ、足をお運びくださいませ。



幸せを呼ぶ10人10色のまねきねこのあみぐるみ展

2009年11月26日(木)〜12月6日(日)
 *11/30〜12/2休廊

ギャラリー猫町
 住所:東京都台東区谷中2-6-24
 開廊時間:11:00〜18:00
 開廊日:木〜日と祝日(月〜水休廊)






| maam | ねこ | 16:06 | comments(0) |
「まねきねこのあみぐるみ」の訂正について

先日、少し書いておきましたが、
『幸せを呼ぶ10人10色の まねきねこのあみぐるみ』に掲載していただいた
「ラッキーアイテムまねきねこ」の作り方ページ(p.60)に誤りがありました。
具体的には、頭の配色段数が違っていたのですが、
日本ヴォーグ社さんのサイトに、正しい配色図を載せていただくことができました。
申し訳ありませんが、本をお持ちの方は、確認なさってください。
よろしくお願いします。

正しい図の確認方法ですが、
「出版物に関するお詫びと訂正」のページを開き、
NVコード欄に、「80084」を入力し、正しい配色図を確認してください。
どうぞよろしくお願いします。


とりあえず、これで、「こにゃあ」の顔のイメージは守れたので(?!)よかったです。
出版社の関係者のみなさま、ご対応いただきありがとうございました。

あとは、「こにゃあ」に挑戦される方が、この訂正に気づいてくれるよう、 願っています。
こにゃあ!作ってもらう人に、ちゃんと訴えるのよ!!!




| maam | ねこ | 22:46 | - |
いつまでも、いつまでも…。

みぃー、みぃー、みぃー、みぃー。

ひとりぼっち。
おなかが空いた。ずっーと食べてない。
歩き続けてるけど、もう動けなくなりそう。

目の前に、人影が見えた。

逃げなきゃ…って、思ったけど、
気がついたら、
手のひらに乗るほどの自分の体は、
その手に抱えられていた。


次に気がついたときは、ダンボールの中。

箱の上から、たくさんの人間がのぞき込んで
何か言ってる。


ちょっと、こわかったけど、ミルクをのませてくれた。
いつも、誰かが来て、遊んでくれた。
灯りが消えて、誰もいなくなった、コンクリートに囲まれた建物の中で、
何日か夜をすごした。



いつしか、「ノンタン」って呼ばれてた。



ある時から、
女の人のおうちで、暮らすようになった。



絶対に、お母さんじゃないって、わかってたけど、
優しそうな目で見つめてくれたし、
気まぐれで、わがままで、攻撃的な気持ちも、
あたたかく包んでくれて、



その人の手を何度も引っかいたり、
かんだりもしたけど、
でも、でも、ずっと、そばにおいてくれた。



いつからか、おかあさん、って思うようになってた。




冷蔵庫や高いとこは、大好きな場所だった。
おうちの中が見渡せる、
おちつけて、安心できる場所。
おかあさんのことも、下から見上げなくてもいいんだ。



紙の袋や、洗濯機の中も大好きだった。



そんな狭いとこって、思うかもしれないけど、
中に入ってぐるぐる回って、
一番おちつける場所を見つけたら、
ここは外の世界じゃなくて、自分だけの世界。



でも、心配だから、ときどき外をのぞいて確認。



たくさん遊んだり、一緒にすごしたりしたけど、
生きていられる時間は、決してずぅっと続くものじゃなかった。

おかあさんがいなくなったら、どうしようって思ってたけど。

おかあさんより、ずっと早く歳をとっていく自分に気づいたとき、
自分がいなくなったら、悲しむかなって心配するようになった。

あのまま、拾われなかったら、
ここへ連れて来てくれなかったら、
ひとりぼっちのままだったし、
食べるものがなくて、生きていられなかったはず。




でも、それよりも、それよりも、
一緒にいてくれて、
一緒にいられて、
幸せでした。

ありがとう。




***************




これだけで、もう、何も言葉はいらないのかもしれませんが。

とにかく、ノンタンは、私にとっても、思い入れのあるにゃんこ。
私も、「いつも、誰かが来て、遊んでくれた。」中のひとりだったし、
私は、おかあさんじゃないけど、
おうちに遊びに行くたびに、ひっかかれたり、かぷってされたり、しました。

このコンクリートに囲まれた建物の職場を離れて、ずいぶんになりますし、
ノンタンには、もう何年もあってなかったのですが、
知らせを聞いて、とても淋しく、いろんなことが思い出されました。
こんなちっちゃな頃から知ってるし、思い入れも強すぎて、
なかなか、あみぐるみのノンタンという形をイメージできず、
完成までに、お時間をたくさんいただいてしまいました。



実は、まだ、完全にご依頼のものを
作り終わったわけではないのですが、
わけあって、
とりあえず、この完成した一体の写真と、
このメッセージをお伝えすることにしました。
ノンタンからおかあさんへの、メッセージです。


あみぐるみをつくっているからこそ、
こんな形で、関わることができ、
私もとてもよかったと思っています。
いつまでも、いつまでも、
ノンタンはおかあさんのそばにいるはず。
このあみぐるみには、ノンタンのそんな思いが
こめられています。
ずっと、おそばにおいてやってください。

そして、前を向いてね。




***************

私、犬種とか猫種?とかのあみぐるみをつくるのはとても苦手でした。

これまでに、カフーやローラちゃんをつくらせてもらう機会を得て、
なんとなくだけど、わかってきていたことがありました。

で、今回のノンタンで、しっかりと自覚しました。

私は、その動物とか、犬種がつくりたいわけじゃなかったんだ、って。
キリンがつくりたくて、オリジナル制作をはじめたのでしたが、
私がつくりたかったのは、ただのキリンじゃなくて、
「りんたん」だったんです。きっと…。

だから、今回も、「ノンタン」をつくりました。

ノンタンの制作にあたっては、「招き猫」からものすごい影響を受けました。
最終的に、ノンタンのポーズは、招く姿に。
なんでだか、よくわかりません。
いろいろなポーズも考えたんですが、なぜか手が進まず、
招こう、そう思ったら、制作にとりかかるのも、編み進むのも
あっというまでした。
本当に、本当に、不思議なことばかりでした…。
ご依頼ものは、もう少し制作が残っていますので、お待ちくださいね。
そして、久しぶりに、たくさんのことを語り合おう!と、
今から、お会いできるのを楽しみにしています。

思い返すと、ここ半年、猫のあみぐるみのことばかり考えさせられていました。
何か、私に伝えたい、気づかせたいことが、あるのでしょうか、ね。
まだ、わかったような、わからないような…。
とりあえず、ノンタン!
おかあさんに、メッセージ伝えたからね。

そして、ノンタン、私からも、
ありがとう。




| maam | ねこ | 18:00 | comments(0) |
にゃあにゃあ…。(わたしにできること。)〜その2〜

さてさて、つづきです。
まねきねこのあみぐるみ」の本に、参考作品として写真だけ載せていただいた、
2デザインです。
「スリムまねきねこ」と「どっしりまねきねこ」という名前で…。




maamの森では、「にゃにゃあ」といいます。

私の中にある、にゃんこの、すっとした立ち姿
(座り姿?)を表現してみました。


こちらは、「にゃにゃお」と申します。
なんとも、見てるだけで、
こちらも頬がゆるんでしまいそうな…。
どっしり、くったり、にっこり…、
なんだか、にくめない…。
この形は気に入っているので、
どこかで、何かにアレンジしようかと、
企んでおります…。



「招き猫」の“わたしにできること”。
忙しかったり、つまんなかったり、不満ばかりだったり、そんな毎日の中で、
ちょっと立ち止まって、そっと耳を傾けたり、じっと目を留めてみたら、
たくさんたくさん、ちっちゃな幸せを招いていてくれるのかもしれませんね。

あなたのオリジナルな招き猫を、ぜひおそばに置いてみてはいかがでしょう?



さて。
ブログの更新もせず、またまた多方面にご心配をおかけしているようで…。
9月のことでしたが、パソコンが致命傷を負いまして、精神的にも、時間的にも、
かなりのダメージを受けたりしたこともありました。
幸い、奇跡的な復活をとげ、感謝感謝!(この場を借りて、ありがとう♪)
そんなこんなも、パソコン作業が滞ったことの要因…。

でも、一番の要因は、「まねきねこ」のおかげなのか、このところ、
なんだか必要とされることがとても多くなった気がして…、ということかも。
maamとしても、私個人としても…。
いろいろ招かれたり、招かれたり、招かれたり…。
お声をかけていただくことが続きました。
それは、とてもありがたく思っています。
ですが、もともと、のんびりやの私ゆえ、なかなか、ちゃっちゃとは進まず、
お待たせしすぎのものもあるとか、ないとか…。

自分が納得できるものをつくりたい、自分が納得できることをしたい、
そんな気持ちで動いています。
自分の気持ちをごまかしたり、適当にすませたり、見なかったふりをしたり、
そんな風にしたら、きっと残るのは後悔だけ…。
自分の気持ちに正直に進み、後悔したくない、ただそれだけの気持ちなのかも。
それを、言い訳、ともいうのかもしれませんが…。

そんな毎日なのですが、
制作活動や、いろいろ手がけている仕事も含めて、
最近、素敵な出逢いや、おどろくような再会も、ありました。
知り合ったどなたも、物事の本質がみえていて、すんなりと話が通じ合い、
とてもいい関係が築け、いいお仕事なりが続いています。
「それって、人として、どうなの?」
「うん。そうよね、やっぱり、そう思うわよね。」
そんなキーワードが、どなたと話していても、毎回、頭をよぎります。
何事も、結局は、人なんですよね。
ネットやFAXだけでも、いろんなことが進められてしまうこのご時世、
(名古屋という地で、在宅で、仕事やら制作をしている私だけかもしれませんが…。)
それでも、やはり、お互いに、その相手のことをどこまで思いあえるか、
つきつめれば、その先にあるのは、やっぱりその人の存在自体なのだと思うのです。
何が大切なことなのか、常に見極められる自分でいようと、心がけていきたいですね。
ここのところ、そんなことを考えながら、目前のひとつひとつに、向かっています。



10月も残り少なくなってきましたし、またご報告していきますが、
イベントごとにも参加予定です。
あみぐるみシーズンですから!
どれだけの制作数になるのか、(あみぐるみ以外にも仕事量があり…。)
想像すると怖くなるので、考えないようにしていますが、(いいのか、それで?)
ひとつひとつ、こなしていくことにします。
ネットの向こうのみなさま、ご依頼待ちのみなさま、仕事関係の方々、そして、友人、家族、
どうか、あたたかい目で見守ってやってください。

あ。maamの森の住人が、みんなこっちを見ている…。
見守ってるつもりなのかなぁ。
ふふふ。
みんな、ありがと♪
あ!ダメよ!こにゃあ!!
何、招いてんのよ〜!!!
招くなら、うれしいこととか、おやつとかにしてね♪




| maam | ねこ | 19:32 | comments(2) |
にゃあにゃあ…。(わたしにできること。)〜その1〜

猫って、気まぐれ。
呼んだって、ちら見するだけだし、
寒いときしか、膝の上には来ない。

そりゃそうだよね。
猫は誇り高き種族。
だって、とらさんやひょうさんと同じ猫族。
とらさんやひょうさんたちは、
ジャングルの中で、群れることのない、孤高の存在。
勇壮で、プライド高き存在。

でも、ながい時がたって、進化の歴史の過程で、
猫は、小さくなって、そんな無敵の強さもちっちゃくなりました。

そして、人間のそばで暮らすものも…。

でも、
猫は、自分たちの大切なアイデンティティである、
猫族の誇りを捨ててはいません。(きっと…。)

だから、お愛想なんて…。

でも、
それでも、人間は、
そんな猫族の気質に対しても、
逆に、好ましく接してくれたりします。
なにより、家族のように優しくしてくれます。

それに、
猫だって、優しい心を持ってるのです。

お愛想なんてできないけど、
精一杯のご恩返しを思いついたんです。

ご主人様に幸せを。
そう、心で祈りながら、手を招く…。にゃあ…。

そしたら、そしたらね。
神様がその思いにこたえてくれたみたいなんですよ。

人間は、それが、とてもうれしかったんでしょうね。
「招き猫」って呼ばれるようになり、大切にされるようになりました。

********************


今回の「まねきねこのあみぐるみ」企画や、先日、瀬戸の「来る福招き猫まつり」に行く機会を得て、
「招き猫」というものについて、生まれてはじめて!、考えてみた気がします。
maamの森風に、「招き猫」の気持ちを表現すると、こんな感じでしょうか。



後日、紹介するといいながら、なかなか記事を書けずにいましたが、
今回の「まねきねこのあみぐるみ」の本には、5体のねこを掲載していただきました。
といっても、編図も載せていただいた「ラッキーアイテムまねきねこ」は、
色違い、小物違いの3体セットなので、1デザイン。
あと、参考作品として写真だけ載せていただいたものが、2デザインです。
こちらは、「〜その2〜」で、明日あたり、写真など載せる予定です。

猫って、ほとんど編んだことがなかったので、なかなか難しく、
とても勉強になりました。
私らしい、猫のデザインになったでしょうか、ね。
そして、何よりも、編図を公開させていただいたのは、初めての経験でございます。
人に伝える、説明する、って、本当に難しいですね。
いろいろ勉強中の身ですが、そういうこともちゃんと視野に入れながら、
学んでいこうと気持ちを新たにしました。

さて。
本には載っていませんが、もちろん、maamの森では名前もついております。



今日は、編図を載せていただいた
「こにゃあ」を紹介します。


「こにゃあ」は、子猫のイメージで、
編みやすいデザインにしてみました。
しましまのしっぽが、お気に入り。

ただ、招く手だけは、どうしても招きたかった!ので、
ちょっと、へんな増減目になっています。
編図は、見づらいと思いますが、
がんばってその通り編むと、
招く手になるはずです!
私としては、その手が、
このコの最大のポイント!です。

それから、大切なお知らせがあります。
この作品の編図の頁に、一部、誤りがありました。
出版社にて訂正のご対応中ですので、また改めて、お知らせをいたします。
本をご購入いただいた方には、大変申し訳ありませんが、こちらでも、必ずお知らせしますので、
また、ご覧になってください。よろしくお願いいたします。

もし、もう、編んじゃったよ〜、なんて、すばらしい方がいらしたら、
本当に、ごめんなさい。
「こにゃあ」の顔が、ちょっとちがったイメージになってしまいましたよね。
それも、ある意味、個性と思って、大切にしていただくか、
ぜひ、再チャレンジしていただけたら、うれしく思います。

招き猫の力によって、あみぐるみの魅力にはまる方が続出!なんて、
うれしいことがおきたら、私も、幸せです。

みなさまのご自分の手で、自由な「こにゃあ」をつくり、
おそばにおいてあげてください。
幸せを祈り、なにやら、招いてくれるかも…。

にゃあ…!


そして、『にゃあにゃあ…。(わたしにできること。)〜その2〜』に
続くのであります〜。



| maam | ねこ | 23:06 | comments(0) |
招かれちゃいました♪

最近、あちこちで、招き猫のキャラクターなどを見かけたり、耳にしたりしますが、
招き猫って、はやってるんでしょうか?
こういうご時世なので、少しでも福を招こう♪って、ことなのかしら?


さて。そんな招き猫に関するイベントのお知らせです。
実は、もうすぐ、私も参加させていただいた、あみぐるみの本が発売になります。
何人かの作家さんが、思い思いの招き猫を制作しました。
まだ、できあがった本を見てないので、なんだか実感がわかないのですけどね…。

まねきねこのあみぐるみ まねきねこのあみぐるみ
出版社 :日本ヴォーグ社
ISBN :978-4529-04771-5
ページ数 :96ページ
サイズ :AB判(257×210mm)
発売日 :2009-09-28
税込価格:924円

maamの森にやってきた招き猫たちは、後日、あらためて紹介させていただきます。
ふふふ。でも、ヴォーグのてづくりタウンショッピングストアでは、
立ち読みができましたよ。
maamのまねきねこも、写真のページが見られました♪
こちらで、どうぞ〜。


で、その本の発売を記念して(?)、
明日と明後日に開催される、瀬戸の「来る福招き猫まつり」の会場で、
『まねきねこのあみぐるみ』の本を販売されるそうです。
作家さんが制作された本物の作品も、何点か、展示されるとのこと。
出版社の企画なのですが、たまたま(!)このお祭りの開催地が愛知県であったため、
私に白羽の矢が立ち、お手伝いさせていただくことになりました。
(掲載されている作家さんの中で、愛知の人間は私だけらしい…。)

なんだか、不思議なご縁。
地元愛知の瀬戸の地に、招き猫ミュージアムがあって、招き猫まつりが行われてて、
私が、招き猫のあみぐるみ制作のお話をいただいて、
でも、今回のヴォーグのあみぐるみ本は全然ローカルな規模ではなくて、
だけど、なぜか、瀬戸の招き猫まつりの会場で、直接販売されて、
で、私がお手伝いに行く…。

招き猫に関わるすべての方々が、なんだか、本当に、ねこちゃんに招かれて、
導かれているかのようです。

招き猫まつりは、26(土)と27(日)の2日間ですが、私は、日曜のみのお手伝いです。
会場は、文化センターのようです。

あみぐるみそのものの販売ではありませんが、
ねこちゃんに招かれての久々のイベント参加!
楽しんできたいと思います。
みなさまも、ぜひぜひ、ねこちゃんに招かれてみませんか〜!

そして、そして。
本を買って、ぜひ、招き猫を編んでみてくださいね。
さ!あみぐるみに挑戦よ♪




| maam | ねこ | 22:44 | comments(0) |
maamの森に静けさが…。

maamの森に異変が!?
近頃、maamの森の住人を、あまり見かけません。
なぜなら、maamの森に、こんなコがやってきたから、なのです。


                              にゃ。


むにゃ、にゃ。


                         にゃ、にゃぁ。



そうなんです。
このコに会うと、眠くなっちゃうようで、みんなスヤスヤお休み中。
maamの森が静まり返っているのは、そんなわけでした。


実は、ずっと、にゃんこをつくりたかったのです。
でも、私がイメージしているにゃんこのあみぐるみは、ちょっと難しくて、
なかなか手をつけられず…。
このあいだ、ふと、スヤスヤおねむの何かをつくったらかわいいかなぁ、と思いまして。
それをにゃんこにしてみたら、こんなコができあがりました。
まだ試作段階ですが、あまりにもかわいいので、登場させちゃいました。
かわいい。
あいかわらず、親バカのmaam…。


本当に、このコを見ていると、自然と眠くなっちゃうんですよねぇ…。
あ。そこのあなた!
そんなに、じっと見ていると、眠りの国へ連れていかれますよ。
お気をつけになってくださいね。

このコの名前は、ねむにゃあ。
あぁ。もうダメです。おやすみなさい…。


| maam | ねこ | 16:02 | comments(16) |

このページの先頭へ