あみぐるみ つくってます。

   maamの森
   CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
   ARCHIVES
   ENTRIES
   CATEGORIES
   COMMENTS
   PROFILE
   MAIL
   OTHERS
qrcode
遠路はるばる…。 〜その2〜

遠い、遠い、遠〜い南極から、
村の長老たちからの“あーじょらを連れ帰る使命”を帯びて、
maamの森に来たはずのトビー。

いえいえ、トビーもがんばったんですよ。
必死に説得したんですよ。
でも、でもね。
天然おぼっちゃまのあーじょらにはかないません。

そして、いつしかトビーも森のとりこに…。


そんなトビーのところへ、
遠い、遠い、遠〜い南極から…。

ホビー: 「トビー、見つけたぞ。」
ロビー: 「長老たちは、おつむてんてんだぞ。」
(それを言うなら、“かんかんに怒ってんだぞ”とか、でしょ。)

トビー: 「うわぁ、こんなはずじゃなかったんだよ、こんなはずじゃ…。
      でもね。あーじょら、ずるいんだよ。
      ちゃんと聞こえてるくせに、
      いつも、なぁーんか知らないうちにはぐらかされて、
      気がつくと、一緒に遊んでるんだ。」

ホビー: 「トビー、その言い訳、長老の前でもできるのか?」
ロビー: 「長老がくれたお魚、特上だったそうだな…。」



maam: 「あら、トビー、お客さん?
       まあ、みんな、眉毛が凛々しいのね。
       一番寒い時に来て、大変だったわね。
       あ。トビーたちは、暑くなくて
       よかったのよね」

maam: 「あーじょらなら、ヤーンの丘でみんなと楽しそうにしてたわよ。
       一緒に遊んできたら?」

みんな: 「はーい!」

(あらあら。maamの森に、長老が訪れる日もそう遠くなさそうですね。)




えっ?!長老って、だれなの?あざらし?ぺんぎん?えええええ???
このままだと、長老もつくらないといけないのかしら…。
そんな先のことはさておき。
とある方(?)からのご依頼で、トビーをペアで作成しました。
それは、お正月のことでした。
「トビーは、私のためにつくってくれたんでしょ!」
え?
あぁ、そういえば。
ずいぶん前に、「ペンギンつくって!」って、言われたような記憶が…。

いろんな人から、私が、まだつくってない動物を挙げて、
「いつでもいいから、○○つくって」
って、よく言われるんですよね。
そうは言われましても、右から左へ、新しいものがすぐにできるわけもなく。
そういうお言葉は、具体的なご依頼ではなく、
考えるヒントとして、ありがたく頂戴しておくことにしています。
ここには、「ある日のこと、ふと、ぺんぎんが作りたくなって」
とありますので、多分、その言葉とかが突然よみがえったのでしょうね。
そういえば、他の人にも、「ペンギンつくって!」って言われた覚えがあるのですが、
ごめんなさい、誰だか覚えていません。
もし、身に覚えのある方がいらっしゃいましたら、ご申告なさってくださいね。

えーっと。それで、このペンギンたちですが。
なんと、海を渡った模様です。
(あ。南極から来たんだから、海を渡ってきたんだけど、そうではなくて。)
ペンギン好きのアメリカの方(たぶん…。)に、プレゼントなさったそうです。
"It's amigurumi〜."
"Ande tsukurune〜!"
と、伝えるように、言ったのですが。
それが、ちゃんと通じたのか、定かではありません…。
ちなみに、海外でも、knitの世界とかでは、"amigurumi"で、通用しているそうですよ。
ネットでは、海外の方が、日本の作家さんのパターンを編んでいるのも目にします。

さぁ、今頃、アメリカでどうしているのかなぁ。
maamの森、欧米進出!?
実は、海外進出は、初めてではなく、以前に、えいこーんずさんで、
タイの方(たぶん…。)が日本土産にと(え?私の作品って、日本土産と言えるのか?)
連れ帰ってくださったと聞きました。
めずらしかったのでしょうかね。
ホームページとか、英語表記にすれば、もっと、広がるのかな〜。
私の語学力では、ムリムリ〜。


トビーを続けざまに編んで、黒いものは当分つくらないぞ、と思ったのですが、
そういうときに限って、黒いものが続くのでありました…。
そうやって考えると、1月の大半は、黒い毛糸ばかりさわっていましたね。
それが、やっと、一段落しましたので、今度は、その黒いヤツを紹介したいと思います。
お楽しみに♪




| maam | トビー | 14:29 | comments(2) |
遠路はるばる…。


あらあら、また、みなれないコが…。




ぺんぎん: 「maamの森はここかい?」
maam: 「ええ、そうよ。」
ぺんぎん: 「ふぅー、やっと、着いた。」

ぺんぎん: 「ぽっちゃりしてて、暑がりのあざらしを
        探しているんだけど…。」
maam: 「あ、あーじょらのこと?」

ぺんぎん: 「あーじょら、やっぱりここにいるの?」




ぺんぎん: 「あーじょらがいなくなってから、
       最初に届いた手紙がこれ。
       『僕をさがさないでね。』 って
       書いてあった。
       れじゃ、まるで家出しちゃった
        みたいだよね。」

ぺんぎん: 「で、次に届いた手紙がこれ。
       『バスに乗り遅れちゃってさ。次のに乗るから待っててね。
       でも、次のバスはいつなのかなぁ。』 だって。
       もう、これは言い訳以外の何ものでもないよね。」

ぺんぎん: 「で、一番最近届いたのがこれ。
       『ボクは〜ボクは〜帰れない〜♪』 だって。
       (こんな古い歌、若者は知らないよ。)」




maam: 「あーじょら、
       きっと、帰りたくないのよ。」
ぺんぎん: 「そんなわけにはいかないよ。
       あーじょらは南極むらの
       村長のあととりで、
       もう、村長もすっかりおじいさん
       なんだから。」

maam: 「まあ、それは大変!
       (あーじょら、おぼっちゃまだったのね。)」
      「でも、あーじょら、普通のあざらしでいたかったんじゃないのかしら?
       だから、ここがとても気に入ってるのかも。」

ぺんぎん: 「そんなの、だめだよ。
       だって、それじゃあ、ボクと遊んでくれないじゃないか。
       あ!……。」

maam: 「なあんだ、そういうことだったのね。
      だったら、ぺんぎんさんも、ここにいたらいいじゃない。
      そしたら、ず〜っと、あーじょらと遊べるわよ。」
ぺんぎん: 「え、え、でも、でも、うん…。」
(そう言いながら、ぺんぎんは、大事なことを思い出していたのでした。
あーじょら探しの報酬にと、村の長老からたくさんのお魚をもらっていたことを…。)




そして…。

あーじょら: 「あ、トビー、ひさしぶり!」
トビー: 「ずいぶん、ずいぶん、探したんだぞ。」
あーじょら: 「永遠の楽園、maamの森へようこそ!」

トビー: 「そんなことより、
      ボクはプールに入れてくれないのかい?」
あーじょら:「ほら、ここに定員1名って書いてある。」
        (うそばっかし…。)




ちょっと前にできていた新作です。
みにくまとの闘いに明け暮れ、紹介するのを忘れていました。
ある日のこと、ふと、ぺんぎんが作りたくなって、編みました。
何ペンギンか、特定もせず、適当に編み上げたのですが、
できあがってみたら、イワトビくんにするといいかも、って感じで
急遽、黄色いの(何?髪?ヒゲ?マユゲ?)を生やしてみました…。
なので、名前はトビー。らしいです。

なんでだか、ぱんだもんに続いて、白黒モノになってしまいました。
気分が、白黒だったのかしら?!


お・ま・け

結成しました。B&W’s。

「一応言っておくけど、
何でもかんでも、白黒つけなきゃ気がすまない
ってわけじゃないよ。」




さて。ちょこっとお知らせです。
来週末、6月14日(土)と15日(日)のクリエーターズマーケット
いつもお世話になっているえいこーんずさんが出展されます。
maamも、お手伝いに行きますよ〜♪
クリマに行かれる予定の方!
maamは、えいこーんずさんの所にいますので、ぜひお声をかけてくださいね〜。
クリマは、いろんなモノがいっぱいなので、
たくさんの刺激があるといいな、と楽しみにしています。
みなさま、ぜひ〜♪



| maam | トビー | 15:33 | comments(4) |

このページの先頭へ